K's Blog

自らの人生を豊かにするために「知識を最大化」し、「実践」していきます

MENU

コーヒーを飲んだ後に気になる口臭【解決策あり】


f:id:keeeitan:20190204142131j:image

コーヒー口臭の原因

休憩時間や、勉強中はたまた、プライベートの至福の時間にコーヒーという存在は今となっては欠かせない存在となっている人が多いかと思います。

僕もその一人で、集中力を上げたい時や、あの独特の香りでリラックスしたいときなど愛飲しています。

健康飲料としても優秀なコーヒーですが、気になるのは飲み終えた後の口臭。

実は飲み終えた後のちょっとした工夫で防ぐことができるので、ぜひ試してみてください。

 

口臭のメカニズム

コーヒーによる口臭の原因を探るべく、まずはなぜ口臭が発生するのか見ていきましょう。これを知ればコーヒーだけでなく、日常の様々な場面で気を付けることができるようになると思います。

口内細菌

口内の唾液量が減ると、口内が乾燥し細菌が増殖します。この増殖した細菌が口臭の原因となります。

コーヒーには利尿作用があります。この作用により、体内の水分が外に出ていってしまいます。

つまり、

  • 体の水分が減り、口が乾く
  • 口内細菌が増殖
  • 口臭が発生

というメカニズムです。

さらに、コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、神経を過緊張状態にする作用があり、これにより唾液量が一時的に少なくなります。これも、口内が乾燥する原因の1つです

 

菌のエサ

口臭がひどくなりやすいのは食後。これは、口内細菌が食べかすをエサとして、代謝物である「揮発性硫化ガス」というにおいの原因を発生しているからです。

液体のコーヒーは食べかすが残らないんじゃないの?

そう思う人も多いかもしれません。

実は、淹れる際に発生するコーヒー豆の微粒子が舌の表面に付着しているのです!

インスタントコーヒー、缶コーヒーにもこの微粒子は含まれているのでご注意ください。

 

ブラックコーヒーを飲んでいる人は、これだけなのですが、ミルクや砂糖を入れている人はさらに注意が必要です。

砂糖が細菌のエサになることは想像に難くないと思いますが、乳製品は口内細菌のエサ(含硫アミノ酸)が含まれていて、これは特にきつい口臭になりやすいです。さらに、ミルクには尿素クレアチンが含まれており、唾液量の減少を招きます。口内細菌のエサになるだけでなく、口内の乾燥も引き起こしてしまう恐ろしい組み合わせなんです。

 

コーヒー口臭の対策

推奨

 ・水分補給

最もシンプルで、最も効果的な方法。

水分補給をすれば、利尿作用で失われた体内の水分を補給できる、口内の乾燥を防ぐことができる。

さらに、舌についたコーヒーの微粒子を洗い流すことが可能。

つまり、上記の口臭原因全てに効果があるベストな方法なのです!

 実は、この水分補給はコーヒー屋さんでも見受けられて、コーヒーと共にグラス一杯の水が用意されることがあります。

コーヒー屋さんはお客さんのことを考えて水を用意してくれていたんですね~

非推奨

・市販のマウスウォッシュ

市販のマウスウォッシュは、日常的に使うのもお勧めできません。理由は、マウスウォッシュに含まれている抗菌成分は口内の「いい細菌」と「悪い細菌」を無差別に殺してしまうからです。

ちなみに、マウスウォッシュを使うと糖尿病のリスクが55%も上がる!ていう研究もあるのでお気を付けください

・舌磨き

これも、非推奨。マウスウォッシュと同じで、舌磨きのせいで感染症にかかった!とか吐き気がした!という事例があるのであまりお勧めはできないです。