K's Blog

自らの人生を豊かにするために「知識を最大化」し、「実践」していきます

MENU

強みを活かす!ストレングスファインダー受けてみた

他の人のブログを見ていると「自分の強みを生かそう!」という記事をよく見かけますが、実際に自分の強みを生かすことは正しいのでしょうか ?

少し気になったので調べてみました。

ある論文によると、自分の強みを意識して毎日使うようにすると一週間で幸福度がアップうつ状態が改善し、この幸福度の上昇は実験の後も続いたというものがありました。

やはり「自分の強みを活かす」という行為は、どうやら正しいようです。

それでは、自分の強みをどのように活かしていくのか、実際の例を使って詳しく説明していきましょう。

 

 

■自分の強みを知る

自分の強みを生かすことは、いいことであるということはわかりましたが、どうやって自分の強みを知れば良いのでしょうか?

今回は「ストレングスファインダー」を使って自分の強みを 調べてみました。

ちなみに、この診断は有料なのですが、「VIA-IS 」という無料の診断サイトもあるので、試しに診断してみたい人はこちらから試してみてください。

 

■どうやって受けるの?

この診断を受けるには、ストレングスファインダーの本を買う必要があります。

上のVIA-ISは、質問内容からどの性質を図ろうとしているのか何となくわかってしまう

しかし、Gallupのストレングスファインダーは予想しにくい質問内容なので、こちらのほうが正しく計測できそうですな。

ここで注意してほしいのは、中古で買うと診断に必要なIDが使われていて診断できない場合があるので、必ず新品で買うことをお勧めします。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
 

 

■私の強み上位5つ

1.調和性:衝突摩擦を最小限にしようとする

2.内省 : 頭脳活動を好む

3.分析思考: 根拠を重視する

4.共感性 : 感情を察する

5.規律性: 計画的に進める

 

各項目について、コメントがついていて、強み1位の調和性については、

 

多くの場合、あなたは、 あなたが自分にはどうすべきかよくわからないのを認めて忠告を求めると、他の人の協力心が呼び起こされます。 あなたは率直な姿勢でアイデアを集め、提案を検討します。 以前からあなたのおかげで、他の人は途方に暮れる前に話し合いやすくなっています。 そしてたいてい、あなたが切り出した会話をきっかけに、関係する誰にとってもうまくいく合意が導かれます。 おそらくあなたは、 性質上、自分の考えを伝えるために実践的な説明を求めます。 この情報を活用して、人々、グループ、プログラム、予算などを平等に扱うことができます。 あなたは本能的に、 物事をありのままに捉えることのできる人です。 あなたは不確実性に対応する必要がある場合、事実を探求します。 あなたはいつも、問題を要素別に分解することにより、不具合(一時的な後退を引き起こしている小さな問題)を検出します。 あなたの客観的な調査は、困難に直面して感情的になっている人たちのためになります。 あなたが現実についての洞察を与えることにより、人は物事を客観視できるようになるでしょう。 これは、人がどのように不愉快な状況に対処し、障害を克服すべきかについて合意できるように、あなたが手助けする方法の1つです。 持っている才能によって、あなたは、 あなたには予期しない問題がプロジェクトを脅かしたときに他の人に手助けを求めるだけの分別があります。 あなたは粗悪ないし不正確な結果を生まないようにします。 何もかも1人でしようとするのは無謀だと考えます。 困難な時期を乗り切るために必要な知識、スキル、才能を持っている人を閉め出すのは現実的でないとわかっています。 人々が協力精神をもって共通の目標へ向かう際に、お互いの特別な才能を発見して、その価値を認め合う様子を、あなたは何度も目にしたことがあります。 生まれながらにして、あなたは、 温厚で親しみやすい人だと評価されることがよくあります。 あなたは、さまざまなタイプの人を自分の人生に受け入れることをとても心地よく感じています。 あなたは、彼らにグループに加わるように、またはあなたと一緒に活動するように誘いかけることもします。

という感じ。

 

■印象に残った言葉を探す

このテストを受けるとGallupから 「強みの洞察とアクション計画作成のためのガイド」が送られてきます 。上の内容はその中の一部です。

太字にした部分が、個人的に印象に残っていて、経験上「あー、こういうことあったなー」という文言でした。

基本的には、自分よりも能力が優れている人はたくさんいると思っているので、ある分野で優れている人には素直に助けを求めることを意識しています 。そして、助けを求めることによってその人との信頼関係を築き上げられ、今でもなお良い関係である人も多くいます。

 

■強みから分かる自分

上位5つの強みをまとめると、「人の橋渡し役として重宝される、エビデンスに基づいた思考好む、計画的な人」

めっちゃ真面目!!(笑)

 

■どう活かすか

冒頭でも触れましたが、「自分の強みを意識して毎日使うようにすると一週間で幸福度がアップうつ状態が改善!」という実験結果がありました。

日々の生活で、強みをどのように使っていくか考えていきたいと思います。

「ストレングスファインダー」の本には、「行動アイデア」が10個あります。これを参考にして考えてみます。実践しやすいなと思ったのは、

 

  • 違う視点を持つ人たちとの交流の輪を広げること
  • 人と対立する職務は避けること

 

の2つでした。

とりあえず、コールセンターなどの苦情殺到するような職務は避けて引きこもり生活を極める。

充実した人生には良い人間関係も重要なので、様々な分野の人と関われる機会を増やしていこうかと。他のブロガーさんにコメントして交流できればなぁと思っております。